これでも一応主婦なのよ~堅実主婦を目指す編~

自由気ままに生活してきたパラサイト兼業主婦が、結婚10年目を目前にシンプルで堅実な生活にあこがれ、そこに向けての軌跡をつづっていきます。

褒め言葉を上手に受け取る方法

「それいいね」

「そんなことできるの?すごいね!!」

人は褒められると嬉しいものです。
f:id:kore-shufu:20170611091924j:image

過剰な謙遜は失礼だと思う

日本の文化なのか、褒められても、

「そんなことないよー」

「大したことないよ」

と謙遜して褒められた言葉を素直に受け取らない人が多いように思います。

 

私もよく遊ぶ友人の一人がそのタイプ。

ホントに手先が器用でひまつぶしと称し、とても凝ったアクセサリーを作っています。

「すごいねーほんま器用やなーこれもう売れるよ!」

と素直に褒めるのですが

「いやいやー簡単やし!ほら、ここ。微妙やねん」

とちょっとしたほころびをアピールして褒め言葉を素直に受けとりません。

また別の人でも、服装に関して褒めると関西人特有なのかも知れませんが

「その服めっちゃかわいいやん!」

「そう?これめっちゃ安いねんで!」

これはもはや定番のやり取りになっているのですが、買ったものの安さを逆にアピールされることが多いです。

話は逸れましたが、

謙遜という美徳もありますが、

やはり褒めてくれた人の言葉を一切受け取らないというのも失礼なんじゃないかと思うのです。

モノで例えると

友達のことをおもって選んだプレゼント。

プレゼントを渡されてお断りすることってあまりないと思うのです。

だから、褒め言葉は素直にありがとう。と一度受け取ってしまいましょう。

どうしても謙遜をしたいなら感謝の言葉のあとに

でもやっぱり、褒め言葉はくすぐったくて受けっぱなしも気持ち悪いという気持ちもわかります。

なので、一旦、ありがとう。と受け取ったあとに謙遜してみましょう。

「今日のスピーチよかったね」

「ありがとう。でも思い付きだったんですよ」

一旦感謝の言葉を挟むだけで、相手への敬意も表せます。

ありがとう。と受け取るだけで自分の自信にもつながると思います。

褒め言葉を受け取るだけで自分も成長できる

褒め言葉にはプラスの作用がたくさん含まれてると思います。

ありがとう。と受け取るだけで、もっと頑張ろうという力が自然と沸いてきます。

「そんなことないよー」と口では言いつつ、褒められた事実だけを受け取るということもできるのかもしれませんが、

褒めてくれた人にもありがとうの言葉でプラスの気持ちを返してあげるといい関係になれると思います。

自然と褒められる人もいますが、勇気を出して褒めてくれた人だっています。

心のなかで「すごいな」と感じていても相手には伝わらないですから、褒め言葉という形にする時点で少しでもパワーを使っています。

f:id:kore-shufu:20170511161650p:plain

褒め上手、褒められ上手でステキなパワーを周りに広げていけるといいですよね

f:id:kore-shufu:20170511161650p:plain

読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ