これでも一応主婦なのよ~堅実主婦を目指す編~

自由気ままに生活してきたパラサイト兼業主婦が、結婚10年目を目前にシンプルで堅実な生活にあこがれ、そこに向けての軌跡をつづっていきます。

この春始めた習慣化①血を増やすために「よく噛むこと」

こんにちは、ゆずかです。
少し前から生活の中で気を付けていることがあります。

それは、「よく噛むこと」。

f:id:kore-shufu:20170424092005j:plain

早く食べることは自慢じゃない

小さいころ食べるのが遅くて、
常に周りからせかされる状況でした。

その反動か、年々食べるのが早くなっていました。

ここ最近は「ちょっと早いな」と周りに合わせて
一旦手を止めて食べることもありました。

早食いは内臓に負担がかかる

よく噛むことを意識しようと思ったきっかけは

東洋医学の知識にあつい整体に行ったことでした。

肩こりがひどくて気持ちが悪くなって駆け込んだのですが、
全身を調整してもらっている中で

「食べるの早いですか?」と聞かれびっくり。

気にしていたのでなんでわかったんですか?と聞くと、
「肝臓に疲れが出ているみたいなので。」と。

そして「30回を目安に噛むことを意識してください」
とアドバイスをいただきました。

他にも「できるだけ23時までに寝ることを心がけてください」と。

漢方薬局の方もしっかり噛むことを勧めている

私は長年貧血で健康診断に引っかかっていますが、
気を付けて鉄分の多い食材を採っています。

しかし毎年結果はD判定。

ちゃんと吸収できていないということか。と思い、
ここ最近は胃を健康にすることに注力していました。

薬膳の知識をかじり、自家製の甘酒を毎日取ってみたりしていましたが、
その中で出会った一冊の本が、
出雲大社の近くで漢方薬局をやっていらっしゃる堀江さんの
「血流がすべて解決する」。

 鉄剤を飲むという対処療法ではなく、
自分の体にもともとある力でどうにかしたいと思っていた私にぴったりでした。

しっかり寝ること、食べ過ぎないでゆっくり適量を食べること。

血流を増やすための生活の工夫。
やはり共通するものがあります。

 

よく噛むことが習慣になっていない場合、
テレビやパソコンを見ながら食べているとついいつもの調子ですぐにのみ込んでいます。

ながら食べをやめ、
目の前にある食べ物に敬意を払い、
食べることに集中すると意外と30回くらい噛めるようになりました。

でもお友達とおしゃべりしながらだったりするとすぐ忘れてしまうのですが、
一日の食事のうち2回でも気をつけられれば内臓への負担が減らせてるのではないかと
ゆるーく考えて取り組んでいます。

 

まとめ

  • 噛まずに食べることで内臓に負担をかけていることを知る
  • 食べることに集中して、30回噛むことを意識する
  • 早く食べることにメリットはほとんどない

今日の1片

ふと気づけばテレビ台の上がごちゃごちゃしていました。

要不要を区別して、
ごみ箱にそのまま捨てるもの、
シュレッダーにかけるもの、
しまうものと分けました。

ためずにすぐやらなくてはと思うものの、
飲んで帰ってきた日は眠気に負けて、
その間に夫がよけて積み上げてくれて?います。

一日に一回でもお部屋を俯瞰する時間を持てれば
解決するのかもしれませんね。

今日の1磨

外回りの砂埃がすごいです。
拭いても仕方ないと思いながらも
室外機をきれいにしました。

f:id:kore-shufu:20160427104909j:plain

 

捨てたもの記録

144:ヘアアクセ

145:マユゲシェーバー

146:ネイル用接着剤

洗面所の捨て祭まだまだ続いてます。

ショートになったらまったく使っていないヘアアクセ、
電池を変えても動かない眉毛シェーバー
ネイルを楽しんでいたころよく爪が割れたので使っていた接着剤。

ネイルをやめてしばらくたちますが、
いろいろありつつも前より爪が健康になった気がします。

でもたまにつやつやネイルにしたい気持ちが。

もう少し爪の形がきれいになったら。
と素爪の美化に取り組んでます。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ