読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでも一応主婦なのよ~堅実主婦を目指す編~

自由気ままに生活してきたパラサイト兼業主婦が、結婚10年目を目前にシンプルで堅実な生活にあこがれ、そこに向けての軌跡をつづっていきます。

戸当たりクッションを交換しました

引っ越して10年、戸当たりゴムが溶けました!

こんにちは、ゆずかです。

今週はトイレ、洗面所、浴室の片付け強化をしようと思っています。 

 

まずは、トイレの備え付けの吊り戸棚の戸当たりゴムを交換した話です。


f:id:kore-shufu:20170417192631j:image

去年の夏ごろから扉がくっついた感じになり、開けにくくなりました。

原因は戸当たりゴムが溶けてくっついていたから。

ホームセンターで交換素材を購入

そもそも、直そう、と思った時点では「戸当たりゴム」という言葉を知りませんでした。

ドアのところについてて、ばたん!って言わないようにしてくれるゴム。

店員さんにそのまま説明して「これかな?」って場所まで案内してもらいました。
ありがたいことです。


f:id:kore-shufu:20170417192658j:image

とても分厚いので扉が少し浮いてるような感じになりますが、本当に静かです。

うすめのゴムでしたら100均でも購入が可能です。

まずは劣化したゴムをはがすのですが・・・

作業を始めるにあたり、まずは劣化した古いゴムをはがさなくてはいけないのですが、べっとりくっついていて、無理やり引っ張っていたらドアの塗装が剥げました。

残り3か所はカッターで削ぎとるようにして最後は、
ハンドメイド用にあった目の細かいサンドペーパーで残ったゴムも一応滑らかに。

塗装が剥げてしまった部分は、
以前マスキングテープのイベントでもらったCASA SHEETを使用してごまかしました。


f:id:kore-shufu:20170417192734j:image

1枚で何となくオシャレに仕上げるために切って、

f:id:kore-shufu:20170417192814j:image

こんな感じに。

傷も見えないし、普段は白い扉ですが、
開けたらちょっとだけ柄がある。

好みな仕上がりになりました♪

喜びを持続、拡散させたくなる気持ち

あるものを活用しながら、おうちの気になる部分を直すのは
もともと好きな作業です。

気になっていた部分がきれいになった喜びは
お片付けやお掃除を続けるエネルギーになりますし、

さらに、ほかの部分もきれいにしたいなという気持ちになります。

私は、ついつい勢いで頑張りすぎて、息切れして、
続かなくなってしまうので、

「ゆっくり少しずつ。」

と自分に言い聞かせています。

 

読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ