読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでも一応主婦なのよ~堅実主婦を目指す編~

自由気ままに生活してきたパラサイト兼業主婦が、結婚10年目を目前にシンプルで堅実な生活にあこがれ、そこに向けての軌跡をつづっていきます。

捨てたもの記録11と「セールのルール」

 

1つ買って3つ手放す

こんばんは、ゆずかです。
今日はボーナスの支給日でした。
ありがたいことですよね。
夏の話にはなりますが、久しぶりにお洋服を買いました。

 

f:id:kore-shufu:20160511132450j:plain

 

減らしてはいますが、たくさんあるお洋服。
まだまだ1つ買ったら同じカテゴリの服を3つ捨てる
というルールを適用しています。

まずは捨てた報告。

セールだから、セールだけど

さて、夏物トップスを買ったお話です。

最近はセールの時期が早くなって、
これから着るのにピッタリなものが安く手に入ってうれしい限り。

でも、安いからと言って必要のないものまで買ってしまっては本末転倒。

ぐっと我慢して必要なもの、決めたものだけを買います。

今回は白のトップス。

ONにもOFFにも使えて、演奏会のトップスとしても使えるもの。

 

セールで無駄遣いをしないルール作り

セールは上手に利用しないと結局いつもよりたくさんお金を使ってしまった。
なんてことになりかねません。

以前の私はまさにそのタイプ。

同じような悩みを持っているブロガーさんが多く、
いろんなルールを皆さん決めているみたいでした。

~ルールの一例~

・買うものを決めておく(欲しいモノリストで優先順位を決める)。

・買ってもいい割引率を決めてみる。

・セールでのお買い物の予算枠を決めておく。

 

「モノを不用意に増やさない」という概念でいくと、
一番上の「買うものを決めておく」というのが私にはぴったりなのかなと
感じています。

お買いもの後の感想

具体的に欲しいものがはっきりしているとほかの商品に時間を取られることも減ります。
今回でいうと「白いトップス」。
素材感や合わせるボトムスとの相性などより細かくイメージしておくことで
時間とお金を節約できて上手なお買い物ができます。

漠然と【何か欲しいなぁ】とか【トップスが欲しいなぁ】というくらいでは
あれこれ目移りして、お店ではかわいく見えたのに手持ちの服とのコーディネートができず結局別の商品を買ったりタンスの肥やしになってしまうことが多いです。

上手にお買いものしながら、全体数を減らしていきたいです。

まとめ

  • 減らす段階のうちは1つ買ったら3つ捨てる
  • セールで失敗しないために事前準備をしておく
  • 欲しいもののイメージをできるだけ具体的にもつこと

にほんブログ村 その他生活ブログへ