これでも一応主婦なのよ~堅実主婦を目指す編~

自由気ままに生活してきたパラサイト兼業主婦が、結婚10年目を目前にシンプルで堅実な生活にあこがれ、そこに向けての軌跡をつづっていきます。

甘酒はじめました

こんにちは、ゆずかです。

昨年の12月から夫くんの出向先が京都になり、
朝が早くなりました。

以前は私のほうが先に起きていたのですが、
京都勤務になってからは、夫くんのほうが早いです。

おかげで前よりもすんなり早く起きられるようになりました。

最近は寒くてぐだぐだいうこともあるけど、
遅くとも6時半前には活動開始してます。

甘酒を始めました

  • 甘酒を始めた理由
  • 甘酒の期待効果
  • ついでだから自分で作ってみた話

甘酒を始めた理由

最近とても健康に気を付けています。

毎年引っかかり続ける健康診断(貧血項目)

その他美容面でも気になる点をネットで調べたりすると
全て原因は貧血・・・

だからと言って鉄分の多い料理をしてみても
改善してないという問題。

調べたところ、
「胃腸の吸収能力が落ちてるんじゃないか。」
というところに思い当たる節がアリアリ。

それをどうするか。

ネット検索の鬼と化してぐるぐるあちこち回りました。

そして行き着いた「甘酒」

 

飲む点滴

 

と呼ばれるほど栄養価が高い甘酒は
もともと夏の季語に使われていたそうで、
夏バテなんかで弱った胃腸をいたわってくれる飲み物。

 

*貧血が治ったお話を紹介してくださってる方も発見。

www.reservestock.jp

冷え症改善のために薬膳の知識もちょろっとかじっているので
ますますやってみよう!って思いました。

甘酒の期待効果

上にも書いた通りですが、まとめてみると

・貧血の改善
・それによる美容、健康面の改善

 おもに割れない爪とかつやのある髪とか血色のいい顔色とか。

血が足りないことによって発生するアレコレは
ホントに多いです。

体のちょっとした変化、調べてみると貧血が原因だったり。

血を増やす、薬膳的にいうと「補血」食事を変える前に
まず体の準備をしなくては。

ということにアラフォー目前にしてようやく目覚めたわけです。。

ついでだから自分で作ってみた話

甘酒、始めるぞ!って決めたときから
自分で作りたいって思ってました。

好きなんですよね、何でも自分で作ってみるのが。

なので、とりあえずすぐ飲めるようのできあいのものと、
米こうじを購入。

ひとまず、その日はできあいのものをお鍋でゆるめて
そこから2,3日、夫くんと一緒に飲みました。

原材料にはお米と米こうじだけのものを選んだのに
とっても甘い!

甘酒は甘麹とも呼ばれるそうで、
お砂糖の代わりにお料理にも使われるとのこと。
いずれはそういう生活もしてみたいとあこがれを抱くw

さて、その甘酒がなくなるぞ。

って日に、夜ご飯で炊いたご飯の残りで
甘酒つくりにチャレンジ!

ちょっと夜が遅かったので朝の時点では
熟成途中?って感じで、帰宅後にまた炊飯器の保温機能を使って
追加で温め。

最初より甘みは増したものの、
あの感動的な甘さはなし。
でも酵素はきっと働いてるし、
ブドウ糖もちゃんとあるでしょう。
ということでちゃんと飲んでます。

まぁ、初回だし。

今後、要改善です。

次は麹菌も酵素も生きたまま丸呑みできるような
温度管理を目指してみたいなぁ。

夢は膨らみます♪